基本方針
沿革

社会福祉法人 能登福祉会のあゆみです。

  • 平成12年
  • 昭和11年当時桜川寮として発祥し長い歴史を有していた七尾市営特別養護老人ホーム,養護老人ホーム「七尾城山園」の運営の委譲を受け、社会福祉法人能登福祉会が平成12年4月1日より両施設の運営を開始する。
  • 平成14年
  • 平成14年6月1日に特別養護老人ホーム及び在宅介護支援センターを新築移転し、同時に各施設の名称を、「特別養護老人ホーム あっとほーむ若葉」「養護老人ホーム あっとほーむ若葉」「短期入所生活介護事業所 特別養護老人ホーム あっとほーむ若葉」「七尾市在宅介護支援センター あっとほーむ若葉」「居宅介護支援事業所 特別養護老人ホーム あっとほーむ若葉」に改め、運営を開始する。
  • 平成14年9月1日に養護老人ホームを新築移転。
  • 平成15年
  • 平成15年4月1日より「訪問介護事業所 ヘルパーステーション あっとほーむ若葉」を開設。
  • 平成18年
  • 平成18年3月1日より七尾市大田町に「通所介護事業所 デイサービスセンターあっとほーむイースト」を開設。
  • 平成18年7月25日にISO9001:2000品質マネジメントシステムの認証を取得。
  • 平成19年
  • 平成19年4月1日より七尾市社会福祉協議会が運営していた通所介護事業と訪問介護事業を能登福祉会が引き継ぎ、「通所介護事業所 デイサービスセンターあっとほーむウエスト」を開設。
  • 平成20年
  • 平成20年5月1日より七尾市黒崎町に「小規模多機能型居宅介護施設 あっとほーむコモド」を開設。
  • 平成27年
  • 平成27年4月より七尾市矢田町に『小規模多機能型居宅介護施設あっとほーむレガーレ』、『サービス付き高齢者住宅あっとほーむレガーレ』を開設。
  • 平成27年8月に通所介護事業所あっとほーむウエストを増改築。


このページTopへ